フラメンコ のために できた 秋葉原ブルーハススタジオ です

フラメンコ の 秋葉原貸しスタジオ は 元々は フラメンコを踊るための

ダンススタジオ として作られました。

なぜかというと、前スタジオオーナー はプロのフラメンコダンサー。

日本と 本場スペインを行き来して この 秋葉原の貸しスタジオ でも

沢山の生徒さんを 指導していました。

その後、スタジオスクエア へと引き継がれました。

まさに フラメンコをするためにつくられた ダンススタジオ なのです。

 

始まりは200年前 フラメンコ の歴史 調べてみました

フラメンコ 秋葉原レンタルスタジオ ダンス を始める時に 知っておきたい フラメンコの歴史。

フラメンコは スペイン南部のアンダルシア地方に伝わる芸能です。

歌、踊り、ギターの伴奏が 主体となっています。

今からおよそ200年前、18世紀末にアンダルシア地方で発祥したといわれるフラメンコ。

スペインの最南端に位置するアンダルシア地方は、地中海を挟んでアフリカ大陸と向かい合った場所にある。

長い間、南北アメリカ大陸との交通の拠点となってきたこと、8世紀から15世紀にかけて、

800年あまりにわたってイスラム王朝による支配が行われてきたことなどが背景となって、

ヨーロッパでありながら、さまざまな文化が入り混じる独特の土地に。

このトランスナショナルなアンダルシアの文化に、移動型民族のロマ人(ジプシー)たちの影響が加わって

成立したと言われています。

 

 

 

用語 を覚えてよりフラメンコを身近に感じてみる

のびやかな 歌声。

力強いリズムの 手拍子や楽器。

エネルギッシュな踊り。

そんな フラメンコ の用語を知って よりフラメンコを身近に感じてみませんか?

カンテ
フラメンコの歌。魂の奥底から響く深い声。
カンテ・ホンド こそ フラメンコの神髄です。

カンタオール
男性の歌い手。

カンタオーラ
女性の歌い手。

バイレ
つま先や かかとで床を踏み鳴らしてリズムをとる(サパテアード)踊り。
また、手の動き(ブラッソ)は フラメンコ の命である。

バイラオール
男性の踊り手。

バイオーラ
女性の歌い手。

トケ
ギター演奏。主に、アコースティック・ギターの一種であるフラメンコギターを用いる。
指先でギターを叩いてリズムを取る奏法からギター表面を保護するため、
セルロイドなどで出来たゴルペ板を貼ってあるのが特徴。
ゴルペとはスペイン語で「打撃、(剣術の)打ちこみ」などの意味。

 

パリージョ
踊り子が両手に持つカスタネット。
利き手には高音が出るもの、逆手には低音がでるものをつける。

 

ハレオ
掛け声。
「オーレ!」(アラー由来?といわれる掛け声)
「ビエン!」(good、いいぞ、の意)などの掛け声が場を盛り上げる。

 

パルマ
手拍子。
甲高い音の「セコ (seco)」
低くこもった音の「バホ (bajo)」の2種類の音を使い分ける。
踊り手やギタリスト、歌い手の呼吸に合わせながらたたいて行く。
フラメンコの音楽 を形成する上で重要な役割。

 

カホン
箱形の楽器。
叩いてハンド・パーカッションとして使用する。

このほか、指鳴らしや足打ちなども多用される。

 

 

 

女性に人気なのは 理由があります

秋葉原ブルーハス スタジオ は、女性の利用者が多い レンタルスタジオ です。

利用者が多いだけではなく 利用したら ずーっと 長いご利用が多いのです。

「長く使われているには 理由があるのではないか?」

秋葉原ブルーハス が 好かれる理由を 探ってみました。

東京都内 埼玉 神奈川 千葉 からも来やすい 秋葉原駅 は6路線通っています

秋葉原ブルーハススタジオ 秋葉原レンタルスペース アクセス 地図秋葉原レンタルスタジオ は フラメンコのためにつくられた ダンススタジオ だから

振動や音を気にすることなく、思いっきり踊っていただけます。

でも、それだけじゃありません。

アクセス が良いことも 女性 のココロを鷲掴みにします。

秋葉原レンタルスペース は 6路線から アクセスできる 場所にあります。

秋葉原駅 は JP山手線 京浜東北線 総武本線 日比谷線 つくばエクスプレス 。

また 銀座線 末広町駅 、都営新宿線 岩本町駅 と 地下鉄からのアクセスも充実。

中央区 千代田区 台東区 のオフィスで働く女性や

東京 都内 以外から フラメンコ 稽古 に来る 生徒さんも通いやすい駅が 秋葉原駅 なのです。

 

 

 

着替えスペース が広いから 人数が多いフラメンコ教室 でもサッと準備できる

フラメンコ教室 秋葉原レンタルスペース 着替えスペース レンタルスタジオ は、利用時間内に 準備 片付けをしなくてはいけません。

秋葉原レンタルスペース には 3、4人が着替えれる スペースがあります。

人数が多く 時間が限られている フラメンコ教室 でも 一気に着替えられますよ。

 

 

 

 

フラメンコが 楽ラク ボードを敷かないで 稽古ができる

 

フラメンコの稽古 では 床に コンパネ や ボード を敷く場合も。

秋葉原レンタルスタジオ では ボードは敷かなくてもご利用いただけます。

バレエレッスン もできる床材なので 硬すぎず 脚に負担が少ない床です。

ボードを出したり 片付けたりする手間も 力もいりません。

女性が 楽ラク で フラメンコレッスン ができるんです。

 

 

本場に次ぐ世界で最もフラメンコ人口の多い国 日本とスペインの共通点

本場スペインに次いで、世界で最もフラメンコ人口が多い国はどこだと思いますか?

そう 驚くことに 日本 なのです。

実際に スペインでも有名な 日本人フラメンコ・ダンサーは多く存在します。

一見、このスペインの情熱的な文化とは 正反対の日本の文化に思えますが、

以外な共通点があるんです。

こぶしのきいた歌声や、徹底的に集中して躍り込むところ。

大きな音を立ててステップを踏み、その刻まれる音に観客が感応してくる部分は、

日本の芸能文化である和太鼓や歌舞伎などと相通じるものがあるのかもしれません。

ノリながら楽しむダンスではなく、激しさや、哀しさを、力強く表現している 深い舞踊。

私たち日本人の琴線に触れてくるものが あるのかもしれませんね。

秋葉原ブルーハススタジオ は、フラメンコ を踊るためにつくられた スタジオ。

今でも このスタジオで フラメンコ歴を重ねている方 が多くいます。

ぜひ、その一員になっていただき、 世界が注目する 秋葉原 という街で

日本のフラメンコ 発信していきませんか?

秋葉原レンタルスタジオ 秋葉原ブルーハススタジオ お問合せ先

Print Friendly, PDF & Email